ics-rogo.pngpartner-rogo.pngAS/400をはじめとしたソフトウェア開発をおこなっています。
私たちはIBMのビジネスパートナー、セールスフォース・ドットコムのクラウドアライアンスパートナーです。

phone.pngphone.png

image2.png



世界規模で発生している経営リスク「サイバー攻撃」には経営者様自らが指揮を執って適切な対策を!

世界規模で広がるサイバー攻撃の危機は他人事ではない

世界150以上の国で、大規模なサイバー攻撃が発生しているのは、多くの方がご存じではないでしょうか。
被害の中身は、「WannaCry」というランサムウェア(身代金要求型のウィルス)です。
このウィルスに感染すると、パソコンやサーバーの中のあらゆるファイルが暗号化され、使用できなくなります。そして、解除と引き換えに金銭を要求されるのです。攻撃者にとってはリスクが極めて低く、違法ビジネスの代表格にもなってきています。

これほど世界中の国々で「サイバー攻撃」に関するニュースが報道されるのも珍しいことです。
正に被害が甚大だということでしょう。
これは、ひとつの時代の変化、あるいは今後の予兆とも言えるのではないでしょうか。
どんな企業にとっても、このようなサイバー攻撃というのは他人事ではありません。

2017年は、サイバー攻撃が「大規模化」している年であると見ています。
世界でこれだけ広く報じられていることを時代の変化と捉え、改めて自社の危機管理体制を見直してみてはいかがでしょうか?

このような危機管理体制を作るには、経営トップの方が指揮を執る必要があります。
なぜなら、会社の経営リスクの全責任を負うのは経営トップしかいないからです。
従業員の方が会社の経営リスク対策に関する意思決定を下すのは難しいでしょう。
適切な体制を構築するために、ぜひセミナーに参加していただきたいと思います。


※本講座は、情報セキュリティにあまり詳しくない中小企業経営者向けの分かりやすい内容です。

【日 時】
2017年7月25日(火)
15:00~16:30(14:30受付開始)

【会 場】 
パルティ とちぎ男女共同参画センター 研修室201
〒320-0071 栃木県宇都宮市野沢町4番地1

【受講料】 無料

【定 員】 30名

【主 催】 株式会社アイ・シー・エス



中小企業のサイバーセキュリティのプロがアドバイス!
生でハッキング実演!被害の実態と対策を徹底解説!

 不正アクセスによる情報漏えい、公的機関を騙った詐欺メール、身代金ウイルスなど、多くの
セキュリティ被害ニュースが報道されました。最近では、中小企業を狙った攻撃も急増しています。
 本セミナーで、身近に起こるセキュリティ被害と被害に遭う企業の共通点、そして具体的な解決
方法を船井総研のコンサルタントが分かりやすく解説します。生でハッキングも実演します!
図2.png
 【講師】
     株式会社船井総合研究所 
        サイバーセキュリティチーム
                宮増 佑介 氏





株式会社アイ・シー・エス 主催セミナー
本社:〒320-0055 栃木県宇都宮市下戸祭1-9-16
TEL:028-643-3377 
FAX:028-643-3378